遺言書作成で家族円満

遺された家族を円満にする遺言書

MENU

もしもの時の遺言書作成

 

現在日本で遺言書を残している人の割合は亡くなる方の、ほんの1%にも満たないといわれています。

 

一方、遺産相続をめぐる争いである遺産分割事件の数は、年々増加する傾向にあります。

 

このいわゆる「争続」の発生件数は、平成22年の全国の家庭裁判所で10849件で、その内の7割以上が遺産額「5000万円以下」です。

 

昭和30年頃の約2600件と比べ、その発生件数はなんと4倍以上となってしまいました。

 

さらにはそのほとんどが遺産額5000万円以下ともなると、相続トラブルは決して他人事ではない問題といえます。

 

争続トラブルは遺言書がないケース、つまり法定相続の場合に起こりやすいです。

 

権利関係のみならず、故人の意思が明確にならず、当事者間の感情的な面とあいまって、相続トラブルに発展していっていまうのです。

 

あらかじめ遺言書を残し相続人に、自身の意思を明確に示しておけば、相続トラブルの数は格段に減らすことができるでしょう。

 

ですが、相続争いを防ぐもっとも有効な手段であるこの遺言書、なぜ書く人はこんなにも少ないのでしょう。

 

それは「遺言書」という言葉を聞くと、どうしても『死』を連想してしまう方が多いからではないでしょうか?

 

「縁起が悪い…。」「頼みづらい…。」と書いてもらいたいのにもかかわらず、遠慮されている方が非常に多いです。

 

しかし、争いの恐れがあるのにもかかわらず、遺言書を書いてもらわないままでは、後に本当に大変なことになってしまいかねません。

 

相続に関して少しでも不安のある方はぜひ、勇気を出してお願いしてみましょう!

 

遺言書作成をした方がいい理由や書かないと危険な事になる理由などをわかりやす解説していきたいと思います。

 

また既に遺産相続が開始してしまっている方や、一刻を争うような状況の方は、すぐに専門家に相談することをおすすめします。

 

親族間でのトラブルの火種が既に浮き彫りとなっている場合には、早急な対処が必要となります。

 

また、ペットを飼っている方にとってはペットも大切な家族です。ペットが亡くなったときのことを考える方も多いのではないでしょうか?
少しでも長く元気でいて欲しいものですが、動物も歳をとると病気にかかりやすくなります。
病気にかかる可能性を少しでも下げるために飼い主としてできるのは、良いペットフードを食べさせてあげることです。
安物だと動物の体に害になるような添加物が入っているものが多く、体に良くありません。
ペット用フードを比較しているサイトなどを参考にし選ぶことをおすすめします。

 

ドッグフードはこちら⇒ドッグフードSearch