自筆証書遺言と公正証書遺言の違い

自筆証書遺言と公正証書遺言のメリット・デメリット

MENU

自筆証書遺言と公正証書遺言

 

自筆証書遺言

自筆証書遺言とは、遺言者本人が自筆で遺言書を作成し、その遺言書を自身で保管する方法です。
メリットとして、費用が掛からない、証人がいらない、といった点があげられます。
反面、デメリットとして、遺言書の書き方がまちがっていると無効となってしまったり、遺言者の死後遺言書が相続人に見つからない危険、などが考えられます。
また、自筆証書遺言を執行する場合、家庭裁判所の「検認」という手続きが必要となります。
さらに内容が曖昧だと、逆に相続トラブルとなってしまったり、認知症での遺言は無効となってしまったりと、確実性を欠く側面もあわせもっていることに注意が必要です。

 

 

公正証書遺言

公正証書遺言とは、証人2名立会いの下、公証人に遺言の内容を口授(くじゅ)し、遺言書を作成する方法です。
無効のおそれがほとんどない、破棄や隠匿のおそれがない、ということで安全性、確実性が遺言書の方式のなかでもっとも高いという点で優れています。
さらに、家庭裁判所への検認手続きが不要なため、迅速な相続手続きの終結が可能です。
デメリットとしましては、公証人や証人に報酬を支払わなければならないため、どうしても自筆証書遺言にくらべ費用が掛かってしまうこと、遺言を変更したい場合に手間が掛かること、などがあげられます。
また、公証人および証人に遺言の内容を知られてしまうため、完全に秘密にしたい場合には不向きであるといえます。

 

 

 

各遺言書の方式のメリットとデメリットを踏まえたうえで、どの方式によって行うかの選択を行うとよいでしょう。