遺言がなくても平気と楽観するのはよくありません。遺言が無いトラブルはとても多いです。

遺言が無いとトラブルも起こりやすい

MENU

遺言書が無いトラブル

遺言が無いことで起こる遺産相続はとても多いです。
仲の良かった子供兄弟が遺産を巡ってトラブルになる事も多く、商売をやっている場合・子供が未成年の場合や持ち家を持っている場合、そして財産がなくても借金がある場合などさまざまなケースの遺産相続によるトラブルが起こります。

 

生前に介護を受けていた場合は、主に介護に尽力した親族が、介護をしなかったほかの親族よりも有利に遺産分割を希望しますし、介護を行わなかった親族は、権利に見合った法律で決められた取り分の財産分与を希望します。
こうした時に遺言があればトラブル回避ができますが遺言が無いことで大きなトラブルへと発展する可能性があります

 

離婚歴がある等、親族に複雑な関係がある場合は、死亡と共に突然それまで全く関与しなかった昔の身内が現れて財産分割を希望してくるケースもあり、こういったケースも遺言がないと残された親族は財産分割に応じるしかなく嫌な思いをします。

 

遺言を残さない人は、自分の子供達と配偶者はみんな仲が良いので遺言がなくても仲良く上手にやってくれると思う方も多いかもしれないですが、いざ相続の話になると、遺言が無いことによって相続を巡って関係が悪化する事も少なくありません
また、トラブルに発展しなくても遺産がない場合は相続分割を行う前に、被相続人の生涯の戸籍を全て集める手間も生じてきます。
その後遺産分割協議を行い、不動産や預貯金などの名義を変える際には、遺産贈与される相続人以外の協力も必要となります。
長男に家を分割する事を渋々承諾した次男がいたとして、その後遺言が無いことで長男に贈与される家の名義変更で書類の提出など自分に利益にならない相続の手間がかかるとストレスにもなり、その後関係性が悪化してしまう可能性もあります。

 

遺言を書くのは、お金をたくさん持っている金持ちだけだと思っている方も多いかもしれないですが、相続争いでトラブルになるのは財産や預貯金が少ないケースにも多く、特に築年数が古い持ち家を所有していて、銀行の預貯金による財産が少ない場合に多くなります。
築年数が古い持ち家は、建物の資産価値がなくなってしまいます。そして不動産はお金のように相続人の持分に応じて分割する事ができません。
古いけど親が住んだ家に住みたいという子供がいれば、その兄弟は家をもらわないかわりにお金が欲しいという考えになります。
家の立地により土地の資産価値が変わってきますが、土地の資産価値が高ければ相応の対価を相続人は求めてきますし、資産価値が低ければお金ももらえないし、家をもらえる相続人は一人だけと不満を抱えてしまいます。

 

それほど、お金を持っていないケースでも遺産相続は難しく、手間もかかります。
多くの方が被相続人の意思を尊重したいと思っているものですし、遺言がある事で残された親族の手間は大幅に軽減されます
例え財産が少なくても、遺言は残しておく価値があるものなのです。

 

 

遺言を書かない危険な理由とは?